グループ紹介

南京天加環境科技有限公司

 天加空調は、開発、製造、営業、サービスを一貫して行う、中央空調の中国でのハイテク企業である。設立以来15年間成長を続けており、現在では、中国中央空調の4ブランドの一つとなった。
 2011年に4.5億元を投資し、業界トップレベルの中央空調製造開発基地を南京に構築した。大容量チラーや空気処理ユニット(AHU)の実験室を有するとともに、商用空調機やビルマルチ用の実験室及び信頼性試験室などを多く設置し、国家基準のCNASに認証された。
 天加空調は30シリーズの製品を有しており、特に、チラーと商用機及びAHUは市場で競争力がある。AHUの占有率は5年間トップであり、マイクロエレクトロニクス、病院手術室、生物薬品などの分野の占有率は40%を超えている。2015年からインバータビルマルチTIMSの本格的な販売を開始しており、今後の主力商品として大いに発展させていくつもりである。
 天加空調は、「十年間の精進計画」を推進しており、日本人が開発、工芸、製造、品質を担当しており、天加品質は日本品質となるように努力している。





UTCと世界戦略で連携


 天加空調は米国ユナイテッド・テクノロジーズ(United Technologies Corporation,UTC)と世界戦略で2015年10月に提携した。
 米国ユナイテッド・テクノロジーズ(UTC)は世界でもっとも先進的なUTC宇宙飛行システム会社とPratt&Whitney Aircraft
Engine 会社を有している。エアバスA380、ボーイング777、C919(中国の大型飛行機)、F-35戦闘機は全部UTC航空エンジン或いは宇宙飛行システムを使っている。また、UTCは世界最大の中央空調会社のキャリアやエレベータ会社のOtisを有している。
 UTCからターボやスクリュー冷凍機及び低温発電システムなどの技術提供を受け、天加のターボ技術は中国業界を20年リードし、また、低温発電技術は30年リードする。両社は世界のネットワークを統合し、新しい国際市場を拓く
ことになった。




主な開発及び生産設備


中国CNAS認証測定検証センター(中国企業技術センター)
1.20室余の中国CNAS認証エアコン実験室
2.120000m³/h空気処理ユニット(AHU)実験室
3.350RT大型空冷式スクリュー冷温水ユニット実験室
4.1650RT大型水冷式冷温水ユニット実験室
5.騒音実験室
6.降雪実験室



ISO1級超清浄環境システム(中国機械工業科学技術一等 受賞)
・浄化レベル:ISO1級
・室内温度:23±0.3℃
・相対湿度:50±5%
・空気分子汚染コントロール:10ppb~12ppt



日本式管理の最新型生産ライン
1.TIMSビル用マルチ生産ライン
2.大型スクリューユニット生産ライン
3.組み合わせ式空気処理ユニット(AHU)生産ライン
4.モジュール型空冷式冷温水ユニット生産ライン





核心的な商品

本社ホームページ 
http://www.ticachina.com/ へのリンク